試合当日に悪くなりがちな腸内環境とその為の乳酸菌

人によっては、ちょっと緊張を強いられる事があります。例えばスポーツを行っている方々などは、それを強いられるケースがしばしばあるようですね。

というのもスポーツを行いますと、たまに試合に出なければなりません。その際に腸内環境が悪くなってしまう事が、たまに有るのですね。

出典:腸内環境 乳酸菌

試合が近くなるとをお腹の中の環境が悪くなっていた私

実は私は学生時代に、あるスポーツに興じていた事があります。今思い返しても、なかなか面白かったと思うのですが。
ところがそのスポーツは、1つ難関がありました。試合前日と当日の腸内環境です。

まず試合の前日になると、何となくお腹の調子が悪くなってきた覚えがあります。それと試合の当日は、もっとお腹の調子が悪かったですね。

理由は、やはりストレスだと思います。大事な試合で失敗をする事ができないので、緊張に伴って腸内環境が悪くなってしまったのではないでしょうか。

それは何も、私だけに限らないと思います。スポーツに没頭している方々は、私と同じような症状で悩んでいる事も多いと思うのです。

試合当日に備えて乳酸菌を摂取する

腸内環境が悪くなるのであれば、やはり乳酸菌などの製品を摂取する事は必要だと思います。方法は色々あって、ヨーグルトを摂取するのは決して悪くないと思いますね。最近では大腸に届きやすいヨーグルトも多く販売されていますので、それを摂取するのは良いと思います。

また色々と忙しいのであれば、サプリメントで乳酸菌を摂取するのも悪くないと思いますね。サプリメントならば、比較的短時間で摂取できるからです。

それらの方法で乳酸菌の摂取をして、お腹の環境を整えておけば、試合当日などに必要以上にお腹が下ることもないと思います。ですので乳酸菌の製品は、スポーツ選手の方々に用いられている事も多いかもしれませんね。

果たしてアルコールは腸内環境に対して良くないか

腸内環境は、アルコールと密接な関係があります。それを聞くと、アルコールを飲むのはやめるべきというイメージが浮上するかもしれません。実際確かにアルコールは、大腸や小腸に対してはネガティブな影響はあります

アルコールの大量摂取による腸内環境への悪影響

041まずアルコールがお腹にあまり良くないのは、事実ではあります。というのもアルコールを飲み過ぎてしまいますと、腸に対する圧力がかかってしまうのです。

アルコールの大量摂取は、水分を奪ってしまう事が多いですね。大腸や小腸が正常に働く為には、やはり水分は必要です。

そもそもお腹の中には老廃物が色々蓄積されてしまいますので、それを体外に出す必要があるのですね。もちろんその為には水分我必要ですが、アルコールの過剰摂取はそれを奪ってしまう訳です
またお腹の中の色々なバランスを崩してしまう事も多いです。ですので大量にアルコールを飲んでしまうのは、正直あまり良くありませんね。

少しのアルコールは腸内環境には良い

048そのような話を聞くと、アルコールを完全ストップするべきという発想が浮上するかもしれません。

確かにそれも1つの方法ではありますが、実はアルコールは完全に悪いとは言い切れない一面もあります。

というのも上記の話は、あくまでもアルコールを大量に摂取した時です。少しのアルコールであれば、逆にお腹に対してはポジティブな効果が見込まれると言われています。一説には全くアルコールを飲まない方よりも、1日にほんの少し飲む方は腸内環境が優れていると言われています。

ですので僅かな量であればお酒類はむしろポジティブな効果が見込めるのですが、「大量」は良くないのですね。何事も加減が肝心とはよく言われるものですが、腸内環境に対するアルコールもその一例と言えます

腸内環境が悪化して肩こりになってしまう事も

世間では肩こりにお悩みの方々も、非常に多いと思います。現に私も一時期、かなりその症状に悩んでいました。肩こりの改善をするために湿布なども張りましたが、なかなか改善しなかった記憶があります。
そのような状況になった方は、恐らく私だけではないでしょう。ではなぜ肩が凝ってしまうかというと、その理由の1つは腸内環境と言われています。

腸内環境の悪化が肩こりを招く

私たちが摂取する物の中には、ちょっと腐敗を招いてしまう物があります。例えばファーストフードやインスタント食品などは、消化が少々困難な一面があるのですね。それで腸内で腐敗が発生してしまい、負のスパイラルを招いてしまうと言われています
腐敗した物からは、ガスが発生します。ちょっとアンモニアが関係しているガスなのですが、それが血液の中に侵入するのですね。それでピルビン酸と呼ばれる物質が作られるのですが、それはだんだん筋肉に蓄積されてしまいます。それが肩こりの原因になっているというメカニズムですね。つまりファーストフード等による腸内環境の悪影響が、肩こりの原因になっているという負のスパイラルです。

乳酸菌と食生活で肩こりを治す

肩こりというと力のかかり具合というイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、実は案外と上記のような食生活が関係している事があるのですね。ですので肩こりの改善を考えていて、なおかつ「ファーストフード等が多いかもしれない」と思っているのであれば、ちょっと食生活の改善を考えるのも大切だと思います
逆に乳酸菌などは、その腸内の腐敗を防止してくれる効果が見込まれるそうです。ですので食生活を改善しつつ乳酸菌を摂取するよう心がけていけば、肩こりの改善もできるかと察しますね。

腸内環境の整備の為に多くの善玉菌に効果を発揮する商品を選別

人間のお腹の中には、非常に多彩な菌類が生息しています。その数は非常に多く、兆を超えます。数だけでなく、種類もまた非常に多いですね
ところで乳酸菌のサプリメントなどを選ぶ時には、果たしてどれ位の種類の菌類に対して効果をもたらしてくれるかが、大切なポイントになる場合があります。

数少ない種類の善玉菌にしか効果が無い事も

少々極端な例ですが、お腹の中に生息している菌類の種類数が100だとしましょう。もちろんその中には、善玉菌が多く含まれています。
その善玉菌に対して栄養分を与える為にヨーグルトやサプリメントを摂取するという選択肢が浮上するのですが、それを摂取してもほんの一部の善玉菌にしか効果を発揮しきれない場合があります
上記の菌の中で善玉が60だとすると、サプリメントを摂取してもせいぜい1種類や2種類の菌類にしか効果を発揮しきれない事があるのですね。残る59や58の善玉菌に対しては、栄養素を補給する事ができません

多種類の善玉菌に良い効果が見込める商品も

しかしそれもサプリメント次第ですね。商品によっては、非常に多彩な菌類に対して効果を発揮してくれるタイプもあります。1種類や2種類だけでなく、極端な話10種類や20種類に対して効果を発揮してくれるような商品もあるのですね。
何せ折角お腹の調子を整えようとサプリメントを摂取しても、一部の善玉菌に対して効果が発揮できないようでは、なかなか町内環境の整備も難しいかと思います。ですのでお腹の調子を整えたいと考えているような時には、「多くの種類の善玉への効果が期待できる」商品を選ぶのが良いですね
それらの情報は、サプリメントやヨーグルトの公式サイトに明示されている事が多いです。ですので普段からヨーグルトなどを摂取しているのであれば、ちょっと公式サイトを見て効果を確かめてみるのも良いと思います。

腸内環境を良くする為に悪玉菌が必要な理由とは

腸内環境を整えるとなると、とかく善玉菌がクローズアップされます。そして悪玉菌は、排除するべきと考えられる事が多いですね。
実際確かに悪玉菌は、腸に対してはネガティブな影響があります。それが活躍してしまいますと、お通じが悪くなってしまう事も多いですね。
しかし、実は一概にはそうとも言えないようです。

善玉と悪玉のライバル関係

そもそも悪玉菌と善玉菌という2つの菌には、ライバル意識を持っているようですね。どちらかが活躍すると、それに対抗しようという意識を持つことが多いようです。
例えば悪玉菌が自分が生存するために、お腹の中にある何らかの物質を摂取したとします。そして善玉菌は、その様子を見ています。「悪玉菌が接種をした」という姿を見た善玉菌に、対抗意識が発生するようなのですね。それで善玉菌も負けまいと、お腹の中の物質を摂取するよう心がけるようになるそうです。
つまり悪玉菌が活動を行うと、善玉菌もアクティブになる事があるのですね。

悪玉が活躍をするので善玉が活躍できる

それを考慮すると、悪玉菌が一概に悪いとも断言できません。なぜなら善玉菌がお腹の中で活躍をする為には、悪玉菌に活躍をしてもらう必要があるからです。あまり悪玉菌が頑張り過ぎるのも困りますが、そこそこ頑張ってもらう必要があるのですね。
腸内環境を良くするとなると、お腹の中では悪玉菌をゼロにするという発想が浮上するかもしれません。しかしそれは、善玉菌の活躍を阻害してしまう事もあるようですね。ライバル意識が浮上しなくなってしまうからです。
つまり善玉菌の活躍の為には、悪玉菌は実は必要なのです。「ゼロ」にするというよりも、お腹の中で生きている悪玉菌の数を「減らす」のが、腸内環境を整えるポイントの1つになるでしょう

試合前日にスポーツ選手の腸内環境が変化する理由

スポーツでは、たまに試合があります。その直前のタイミングで、お腹を下してしまう事例がしばしば見られます。プロのスポーツ選手でも、お腹を下してしまう事が多いようですね。なぜお腹を下してしまうかというと、その一因は腸内環境がおかしくなっているからだと言われています。ただしそれはスポーツ選手の生活が不摂生ではありません。

腸内環境の不調の原因と飲食などによる不摂生

確かに私たちの腸内環境がおかしくなる理由には、前述の不摂生は大いに関係してきます。
例えば、飲みすぎなどは良い例の1つだと思いますね。アルコール飲料を大量に摂取してしまえば、やはり腸に対して大きな負担がかかってしまうのが自然です。腸だけでなく、胃に対しても負担が発生してしまうのですが。
アルコールだけではありません。カフェイン飲料や刺激性が強い飲み物なども、やはりそこの環境にはネガティブな影響があると言われています。また食べ過ぎた時にも、腸が荒れてしまう事がありますね。

緊張してしまって腸内環境が変化する選手

しかしスポーツ選手が試合の前日に、暴飲暴食になる事は考えづらいでしょう。というよりも、むしろ腹八分目を心がけていると思います。にもかかわらず選手の方々のお腹の調子が悪くなってしまう理由は、ストレスと言われています。
大事な試合を控えているとなると、やはり人間は緊張してしまう事が多いですね。試合の重要度が高ければ、それに比例して緊張の度合いも高まってしまうでしょう。それでストレスが発生してしまって、お腹を下しがちになるのだそうです。つまり「過度な緊張によるストレス」は、腸内環境を悪くしてしまう原因の1つになるのですね
思えばサラリーマンの方々も、たまに緊張してしまう事があるでしょう。あの時にもお腹の調子がちょっと悪くなってしまう事があります。「緊張」は、腸内環境のキーワードの1つだと考えます。

Bookmarks